FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

『孤狼の血』

柚月 裕子の『孤狼の血』
孤狼の血

内容(「BOOK」データベースより)
昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて金融会社社員失踪事件を皮切りに、暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。


以前取り上げた柚月氏の『パレートの誤算』もまあまあ面白く読むことが出来ましたが
この『孤狼の血』は本当に女性が書いたもの?と思えるほどに
自分の中ではヒット作だと感じましたし、楽しめました・・・。
(再読しても面白いと思いました)


この作者の他の小説も期待を込めて読んでみようかな?!
スポンサーサイト



<< ポパイラーメン | ホーム | JAZZが聴きたくて・・・144 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP