FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

『収穫祭』

西澤 保彦の『収穫祭』

収穫祭(上)

内容(「BOOK」データベースより)
1982年夏。嵐で橋が流れ孤立した首尾木村で大量殺人が発生。被害者十四名のうち十一人が喉を鎌で掻き切られていた。生き残りはブキ、カンチ、マユちゃんの中学生三人と教諭一人。多くの謎を残しつつも警察は犯行後に逃走し事故死した外国人を犯人と断定。九年後、ある記者が事件を再取材するや、またも猟奇殺人が起こる。凶器は、鎌だった。

収穫祭(下)

内容(「BOOK」データベースより)
事件後、村や母の記憶を失ったブキは、東京の大学院を中退して帰郷し高校で英語を教えていた。そこで起こった同僚の殺害。凶器は鎌。同一犯による連続殺人の再開か、模倣犯か?母のポルノ写真から、ブキが記憶を取り戻し欲望を暴走させた時、カンチ、マユちゃんと運命が再び交錯、事件から二十五年後、全貌を現す!殺人絵巻の暗黒の果て―。


書店で平積みしてあったのと、派手な帯?だったこともあり
また西澤氏の小説は読んだことなかったので買ってみました
読んで4ヶ月も経つと余程印象深い小説じゃないと
ストーリー展開や結末を完全に忘れてしまいます。(歳のせいですかな?)

この小説もその部類に入るのかな~?

犯人は誰だったっけ???

やや期待外れだったような気がします

既にこの本は売ってしまったし
まぁいいや・・・


スポンサーサイト

<< 屋台らーめん 日高 | ホーム | 担々麺 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP