プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

『ケモノの城』

誉田 哲也の『ケモノの城』

ケモノの城

内容(「BOOK」データベースより)
警察は、自ら身柄保護を求めてきた少女を保護した。少女には明らかに暴行を受けたあとがあった。その後、少女と同じマンションの部屋で暮らしていた女性を傷害容疑で逮捕するが、その女性にも、暴行を受けていたと思われる傷があった。やがて、少女が口を開く。お父さんは、殺されました―。単行本刊行時に大反響を呼んだ問題作がついに文庫化。読者の心をいやおうなく揺さぶる衝撃のミステリー。


本の帯に『衝撃の問題作 待望の文庫化』

思わず手に取ってしまいました!


自分は知らなかったのですが、北九州市で実際にあった
連続監禁殺人事件がモデルになっているとか・・・
『消された一家 北九州・連続監禁殺人事件』というノンフィクションの本が
既に出ているようです

それのパクリでは???という人もいるようですね

誉田氏の小説は時々グロテスクな描写が多く描かれる作品がありますが
この小説もかなりのものです

賛否両論があるでしょうね???
スポンサーサイト

<< 「国龍」でラーメン~延岡市 | ホーム | 『さんまるこ亭』のとんかつ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP