プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

『獏の檻』

道尾 秀介の『獏の檻』

獏の檻

内容(「BOOK」データベースより)
1年前に離婚した大槇辰男は、息子・俊也との面会の帰り、かつて故郷のO村に住んでいた曾木美禰子を駅で見かける。32年前、父に殺されたはずの女が、なぜ―。だが次の瞬間、彼女は電車に撥ねられ、命を落とす。辰男は俊也を連れてO村を訪れることを決意。しかしその夜、最初の悪夢が…。薬物、写真、地下水路。昏い迷宮を彷徨い辿り着く、驚愕のラスト。道尾史上最驚の長編ミステリー!

道尾氏の作品を初めて読みました

個人的な感想ですが、過去に取り上げた『のぞきめ(三津田信三)』、『入らずの森(宇佐美まこと)』と同じように全体的に暗いトーンの小説で、ちょっと馴染めない感じがしました

あくまでも自分自身が感じた的外れの感想かも知れませんが・・・
スポンサーサイト

<< 青島屋 | ホーム | そば庵 みやなが >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP