FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

『魔弾』

松浪 和夫の『警視庁特捜官  魔弾』

魔弾


内容(「BOOK」データベースより)
白昼、新宿都庁前で殺人が発生。被害者は頚部のほとんどが損傷、無惨な姿と化していた。殺しの手口を遠距離からの狙撃と断じた警察は、半径四百メートル圏内にあるはずの現場を捜索。が、まったく痕跡が得られない。想定外の事態に焦る捜査本部に派遣されてきたのは、機動隊随一の若き狙撃手清水。猟犬と呼ばれるベテラン刑事の梶原と組み、防犯カメラにさえ姿を現さない犯人の逮捕に奔る。が、第二の狙撃が――。


おそらく松浪氏の小説を読むのは初めてだと思いますが・・・




事件により妻子を失った狙撃手の警察官が復讐を開始。それを阻止するために後輩の狙撃手:清水が任務に就く。猟犬と呼ばれる刑事:梶原と清水が必死に犯人を追うが、この展開がスピード感があり面白い。狙撃手をメインとした警察小説はあまり無いかと思います。割と厚めの本でしたが、早めに読み終わってしまいました!
スポンサーサイト



<< 竜宮ラーメン~清武町 | ホーム | パリのカフェ気分? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP