FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

AOSHIMAをぶらぶら

気分転換に 

青島をぶらぶらと散歩してみました

IMG_1199_convert_20190530151248.jpg

青島ビーチパーク
IMG_1200_convert_20190530151151.jpg


IMG_1201_convert_20190530151326.jpg

少しはリフレッシュ出来たかな???  
スポンサーサイト



そば処 正香~都城市

昨年11月 都城市立美術館で『平山郁夫展』を鑑賞した後

割と新しいそば店 <そば処 正香(せいか)>に行ってみました

注文したのは鴨南蕎麦
そば処正香

そば処正香2

と天婦羅
そば処正香3

美味しく蕎麦を頂きました  

JAZZが聴きたくて・・・161

今回はJHON COLTRANEの【BALLADS】 (1963年)

ジョン・コルトレーン

バラード曲のみで構成された作品

しっとりとしたナンバーのアルバムなので
個人的にはじっくり聴くというよりはBGM的な感じかと思います。

家でぼんやりしたい時や、読書の時にいいかな?

また夜のアルコールタイムでバーの雰囲気を味わいたい時にも
いいかもしれないですね!!!

今年初の・・・

無事に冬越ししたハイビスカスの鉢植え

根詰りしないように4月に植え替えして

4鉢のうち一鉢でようやく開花

IMG_1192_convert_20190518094641.jpg

チョッと嬉しい!!!

IMG_1193_convert_20190518094602.jpg

絶豚のラーメン~2

ラーメン店の絶豚

昨年11月に2回目の訪問です

初回は博多風ラーメンを注文したので

今回は宮崎ラーメン(チャーシュー麺)を注文

絶豚


やはり博多風に比べるとスープがあっさり目ですね

絶豚2

かなり記憶が薄れていますが・・・  

『去就』

今野敏の隠蔽捜査シリーズ
『去就 隠蔽捜査6』
去就

内容(「BOOK」データベースより)
大森署管内で女性が姿を消した。その後、交際相手とみられる男が殺害される。容疑者はストーカーで猟銃所持の可能性が高く、対象女性を連れて逃走しているという。指揮を執る署長・竜崎伸也は的確な指示を出し、謎を解明してゆく。だが、ノンキャリアの弓削方面本部長が何かと横槍を入れてくる。やがて竜崎のある命令が警視庁内で問われる事態に。捜査と組織を描き切る、警察小説の最高峰。


昨年12月文庫化された時に、すぐに書店へGO

前回作からかなり時間が経っていたので心待ちにしていた文庫化でした

内容は相変わらず竜崎署長の人物像が面白い

このシリーズの文庫本はスピンオフ作品も含め全部読んでいますが
数回読み返しても面白さは半減しないほどハマるシリーズです

シリーズ7の単行本発売中ですが、文庫化されるまで待つことにします 

藤城清治 愛生きる メルヘン展

宮崎県立美術館で開催されている

『藤城清治 愛生きる メルヘン展』に行って来ました

IMG_1190_convert_20190504144830.jpg

世界的影絵作家の作品展示ということで
10時開館を少し過ぎた時間に入館したんですが
既に多くの人が・・・

IMG_1191_convert_20190504144912.jpg

この藤城氏はキャラクター『ケロヨン』のプロデュースもしていたんですね

知らなかった 

いい目の保養になりました!!

JAZZが聴きたくて・・・160

今回はTHE PLAYERSの
【GALAXY】  (1979年)
ザ・プレイヤーズ

メディア掲載レビューほか
鬼才キーボード奏者・鈴木宏昌のもとに、松木恒秀、岡沢章、渡嘉敷祐一、山口真文ら凄腕ミュージシャンが集まった伝説のフュージョン・グループ、ザ・プレイヤーズが1979年に放ったデビュー・アルバム。ウェザー・リポートへのシンパシーを感じさせるサウンド作り、白熱するソロの連続が歳月を超えて胸に迫る。日本のフュージョン史上、欠くことのできない一枚。


1000円程の値段での再発。涙が出そうなくらい嬉しい事です。

もちろん、ザ・プレイヤーズのギャラクシーは20代のころ良く聴いていました

日本のフュージョン全盛期の頃のアルバムが低価格で沢山再発されるといいんですが・・・

贅沢な望みでしょうかね???

| ホーム |


 BLOG TOP