FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

らーめん よし茶

早いもので2018年も今日で終わり・・・

今年は例年になく色んなお店を食べ歩き
まだブログにアップしていない店やラーメンなどがたくさんありますが
何だかワンパターン化していますね 



宮崎市塩路にある割と昔からやっている『らーめん よし茶』

こちらの店も前を素通りばかりで、今年の9月に初めて訪問

店の中は喫茶店風でチョットお洒落な感じでした

この日はとんこつラーメン+ミニチャーハンを注文
よし茶ラーメン

スープは昔懐かしい宮崎ラーメン風で
なると巻が入っているのは珍しいですね

よし茶ラーメン2


よし茶ラーメン3


ラーメンとチャーハン共に美味しく頂きました!

それからこちらのお店 味噌ラーメンも美味しそうでした
次回行くことがあればその味噌ラーメンを食べてみたいものです
スポンサーサイト



『営繕かるかや怪異譚』

小野 不由美の『営繕かるかや怪異譚』

営繕かるかや怪異譚

内容(「BOOK」データベースより)
叔母から受け継いだ町屋に一人暮らす祥子。まったく使わない奥座敷の襖が、何度閉めても開いている(「奥庭より)」。古色蒼然とした武家屋敷。同居する母親は言った。「屋根裏に誰かいるのよ」(「屋根裏に」)。ある雨の日、鈴の音とともに袋小路に佇んでいたのは、黒い和服の女。あれも、いない人?(「雨の鈴」)。人気絶頂の著者が存分に腕をふるった、じわじわくる恐怖、極上のエンタテインメント小説。


まず怪異譚(かいいたん)とは怪異にまつわる話のことのようです。

この小説は短編小説になっていて、妖怪やお化けが出てくるホラー小説ではなく城下町の古民家に住む女性に起こる不思議な現象を「営繕かるかや」の若い男性がその家にある怨念?を家を営繕する事で折り合いをつけるストーリー(うまく表現できませんが・・・)。あまり詳しく書くとネタバレになるのでこれくらい位にして・・・面白く読むことが出来ました。

JAZZが聴きたくて・・・150

このシリーズもとうとう150回目

節目の今回はMcCOY TYNERの
【REAL McCOY】 (1967年)

マッコイ・タイナー

マッコイのブルーノート初リーダーアルバム

ピアノ:マッコイ・タイナー
サックス:ジョー・ヘンダーソン
ベース:ロン・カーター
ドラム:エルビン・ジョーンズ

この豪華メンバーでの演奏ですから・・・

マッコイ・タイナーのピアノはもちろん

ジョー・ヘンダーソンのサックスが

いいですね~!

元気やラーメン~西都市

いつも店の前を素通りしていて
いつかは立ち寄ってみようと思いつつ
なかなか実現していませんでしたが

9月上旬に初めて入店

とんこつセット(豚骨ラーメン+ミニチャーハン)を注文
元気や


最近 こんな黒いどんぶりが流行っているんですかね???


元気や2


元気や3


ラーメン  美味しく頂きました!

【シャガール展】

宮崎県立美術館で開催中の

 シャガール展
-版画でつづる愛の物語-


絶対行かなければとの思いから
今日行って来ました!

シャガール展


自分で勝手に思い描いていたシャガールの作品と
ちょっと違っていた気がしますが・・・

いい気分転換になりました

『極悪専用』

大沢在昌の『極悪専用』

極悪専用

内容(「BOOK」データベースより)
裏社会の大物を祖父に持つ俺は、ヤンチャが過ぎた代償に、奇妙なマンションに管理人助手として送り込まれる。そこは武器でも毒物でも持ち込み自由、死体が出たら管理人が処分するという、入居者全員極悪人のマンションだった!命がけで業務をこなし、俺はシャバに戻れるのか?ノワール×コメディの怪作。

今年初めに読んだ『狩人』シリーズと比較すると


いささか物足りない感じがしました・・・  

JAZZが聴きたくて・・・149

今回は ERIC DOLPHYの
【 OUT TO LUNCH 】  (1964年)
エリック・ドルフィー

名前は知っていても、ほとんど聴いた事が無かったんですが・・・
アルバムジャケットとタイトルに惹かれ
エリック・ドルフィーのアルバムを初めて買ってみました

参加メンバーは
エリック・ドルフィー:バスクラリネット、フルート、アルトサックス
フレディ・ハバード:トランペット
ボビー・ハッチャーソン:ビブラフォン
リチャード・デイビス:ベース
トニー・ウイリアムス:ドラム

ん~ かなり難解かな~

アルバムタイトルからすると、ランチタイムにピッタリなのかなと
勝手に思い込んでいましたが、全然違っていました


ほとんどジャズを聴いた事ない人が、このアルバムを聴いたら
もうジャズは聴かないと思うかもしれません⁉

カリー専門店『トプカ』~都城市

9月初め 都城市のカリー専門店『トプカ』に行って来ました

噂になっていると聞いたお店自慢?の「チキン南蛮カレー」を注文
トプカ

ルーは辛目にしました

結構辛さを感じましたが
チキン南蛮のタルタルソースの甘さと相まって
ちょうどいい感じになりました

トプカ2




『勁草』

黒川博行の『勁草』

勁草

内容(「BOOK」データベースより)
橋岡恒彦は「名簿屋」の高城に雇われていた。名簿屋とは電話詐欺の標的リストを作る裏稼業だ。橋岡は被害者から金を受け取る「受け子」の差配もする。金の大半は高城に入るので、銀行口座には大金がうなっている。賭場で借金をつくった橋岡と矢代は高城に金の融通を迫るが…。一方で大阪府警特殊詐欺班も捜査に動き出す。逃げる犯人と追う刑事たち。最新犯罪の手口を描き尽くす問題作!


まず勁草とは、「風雪に耐える強い草。また、節操・思想の堅固な人のたとえ。」だそうです。

そしてこの作品はいわゆる振り込め詐欺の受け子を主人公にして、ある出来事から主人公が殺人事件の容疑者となりその犯罪者を追う刑事のドラマが描かれています。

相変わらず黒川作品は面白い。結局6月に購入して既に3回読みました!

| ホーム |


 BLOG TOP