FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ポパイラーメン

8月、数年ぶりに『ポパイラーメン』へ行き

ポパイラーメンを注文
ポパイラーメン


数年前のこのブログでもアップしていたと思いますが
恐らく写真がガラケーで撮ったもので
不鮮明でイマイチだったと思うので
再度アップします

ほうれん草たっぷりのポパイラーメンを美味しく頂きました!!!
ポパイラーメン2
スポンサーサイト



『孤狼の血』

柚月 裕子の『孤狼の血』
孤狼の血

内容(「BOOK」データベースより)
昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上とコンビを組むことに。飢えた狼のごとく強引に違法捜査を繰り返す大上に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて金融会社社員失踪事件を皮切りに、暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か。血湧き肉躍る、男たちの闘いがはじまる。


以前取り上げた柚月氏の『パレートの誤算』もまあまあ面白く読むことが出来ましたが
この『孤狼の血』は本当に女性が書いたもの?と思えるほどに
自分の中ではヒット作だと感じましたし、楽しめました・・・。
(再読しても面白いと思いました)


この作者の他の小説も期待を込めて読んでみようかな?!

JAZZが聴きたくて・・・144

『JAZZが聴きたくて』シリーズ
約半年ぶりの再開です

今回はLARRY CORYELLの【Barefoot Boy】 (1971年)
ラリー・コリエル

ラリー・コリエルがフライング・ダッチマンに唯一残したスタジオ・アルバム。エレクトリック・レディランド・スタジオでスティーヴ・マーカス等を迎え繰り広げられる圧巻のスーパーセッション!
オリジナル:1971年リリース
ラリー・コリエル(g)ロイ・ヘインズ(ds)マービン・ブロンソン(b)ローレンス・キリアン(conga)ハリー・ウィルキンソン(perc)マイク・マンデル(p)スティーヴ・マーカス(ss、ts)


日本初CD化  日本独自企画盤とあったので
買ってしまいました 

ラリー・コリエルのギターはもちろん良いんですが
このアルバムではスティーヴ・マーカスのサックスもなかなか良いです!  

チャーシュー蕎麦

お盆休みに 萩之茶屋宮交シティ店で

チャーシュー蕎麦
convert_20180916135824.jpg

蕎麦とチャーシューの組み合わせ

斬新?ながら なかなかのものでした!

convert_20180916135908.jpg

『叛逆捜査 オッドアイ』

渡辺 裕之の『叛逆捜査 オッドアイ』

叛逆捜査 オッドアイh


内容(「BOOK」データベースより)
捜査一課の刑事・朝倉は、陸自の空挺団出身の変わり種。都内で自衛官の首が切断される猟奇殺人事件が起こり、自衛隊の警務官が捜査本部に乗り込んできた。互いの矜恃をかけて捜査を進める男達だが、朝倉は警務官が抱える秘密―駐屯地で首を切られて死んだ別の自衛官の存在を知る。さらに米国海軍犯罪捜査局も絡み、事件はより複雑な様相に…


オッドアイとは左右で瞳の色が違うことを言うようで、たしか主人公は自衛官時代に事故によってオッドアイになった?と記憶していますが読んで数カ月も経つと曖昧ですね

小説の内容も普通だったせいなのかな?  残念ながら詳しくは覚えていません・・・

『虎乃神』を再訪

虎乃神のラーメンを食べたくて再訪しました

前回はこってりラーメンだったので

今回は「ノーマルスープの虎乃神ラーメン』を注文

陌弱・逾枩convert_20180913153854

いわゆる宮崎ラーメンに比べるとコッテリしていますけど・・・

陌弱・逾橸シ胆convert_20180913153955

美味しく頂きました!

夏に聴きたい・・・15(最終回)

このシリーズも最終回にします

最後を飾るのは元イーグルスのDON HENLEY
【The Very Best of Don Henley 】 (2009年)
ドン・ヘンリー


ドン・ヘンリーのソロアルバムは若い頃よく聴いていましたので
このベストアルバムに収録されている曲の大部分は聞き覚えがあります

このシリーズで以前取り上げた元イーグルスの
ランディー・マイズナーよりも
個人的にはドン・ヘンリーの方が好きかな・・・!?

それにしてもこのシリーズは、かなり独断と偏見で
アルバムあるいはミュージシャンを取り上げたものです 

『警官の掟』

佐々木 譲の『警官の掟』

警官の掟


内容(「BOOK」データベースより)
東京湾岸で男の射殺体が発見された。蒲田署の刑事は事件を追い、捜査一課の同期刑事には内偵の密命が下る―所轄より先に犯人を挙げよ。捜査線上に浮上する女医の不審死、中学教師の溺死、不可解な警官の名前。刑事の嗅覚が事件の死角に潜む犯人を探り当てたとき、物語は圧巻の結末になだれこむ。徹底したリアリティと重厚緊密な構成で警察小説の第一人者が放つ傑作長編。

ある事件を追う警察学校同期の所轄と本庁の2つのチームの捜査を描いた警察小説

急にそれぞれのチームへ展開が変わるので
あれっ!これはどちらの捜査チームだ?と戸惑う事もありましたが
再読して・・・
全体的には面白かったかなとの感想です

夏に聴きたい・・・14

9月に突入・・・

月日の経つのは早いもんですね

このシリーズもそろそろ終わりかな???

今回は
【NITEFLYTE】 (1979年)
ナイトフライト
メディア掲載レビューほか
スタジオ・ワークで名を上げたギタリスト、サンディ・トレノ(キューバ出身)と、マイアミで活動していたヴォーカル、ハワード・ジョンソンの2人組。リリース当時も、トレノの傑出したメロディ・メーカーとしての才能と、爽やかなサウンド・プロダクションが高く評価され、後にAORファンから支持を集めた。穏やかなカッティング・ギターとトレノ&ジョンソンのヴォーカルが絡み合う傑作「イフ・ユー・ウォント・イット」を筆頭に、キャッチーなメロディと巧みな演奏が心地よく融合されている。デヴィッド・サンボーン(sax)、スティーヴ・フェローン(ds)らが参加。 (C)RS



【NITEFLYTE Ⅱ】 (1981年)
ナイトフライト (2)
メディア掲載レビューほか
キューバ出身のギタリスト、サンディ・トレノと、マイアミで活動していたヴォーカル、ハワード・ジョンソンの2人組。このセカンド・アルバムは、“Hey,Hey,Hey,You!”のフレーズでお馴染み「ユー・アー」から始まり、涙腺を刺激すること必至のバラード「ユーアー・ブレイキング・マイ・ハート」、ロマンティックで憂いを秘めたギター・インスト「アリシアズ・ソング」など、素晴らしいメロディー・ラインと小粋なアレンジ、巧みな演奏が一体となったAORの傑作といえる出来栄え。 (C)RS

初めてナイトフライトを聴きましたが良いです!!!
上出来のAORとでも言えばいいのか?適切な言葉が見当たりませんが
夏と言わずにオールシーズン聴ける、ドライブにもピッタリかも・・・


Ⅱに収録されている『YOU ARE』、何となく聞き覚えがあると思っていたら

SMAPの『頑張りましょう』の元ネタとなった曲だったんですね
知りませんでした 

麺屋 虎龍~高鍋町

今年の4月頃に仕事で高鍋町に行った際

あっ!新しいラーメン店がある!
機会があれば行ってみよう
と、思いつつ・・・8月はじめに『麺屋 虎龍(こたつ)』行ってみました

1番人気?の『鯛骨塩らーめん』とチャーハンを注文

陌朱セ浩convert_20180829183610

あっさりした塩ラーメンでしたが、ほんのりと鯛の香りが口の中に

陌朱セ・(2)_convert_20180829183702

ランチタイムということで、数種類のトッピングのうち1つは無料だったので
たまごをお願いしたら、最初から半分にカットされたたまごが入っていた・・・

他にも「煮干らーめん」、「豚骨らーめん」、「味噌らーめん」、「醤油らーめん」
「辛麺」もメニューに書かれていたので
次の機会があれば「豚骨らーめん」を注文したいですね!

| ホーム |


 BLOG TOP