FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

『魔弾』

松浪 和夫の『警視庁特捜官  魔弾』

魔弾


内容(「BOOK」データベースより)
白昼、新宿都庁前で殺人が発生。被害者は頚部のほとんどが損傷、無惨な姿と化していた。殺しの手口を遠距離からの狙撃と断じた警察は、半径四百メートル圏内にあるはずの現場を捜索。が、まったく痕跡が得られない。想定外の事態に焦る捜査本部に派遣されてきたのは、機動隊随一の若き狙撃手清水。猟犬と呼ばれるベテラン刑事の梶原と組み、防犯カメラにさえ姿を現さない犯人の逮捕に奔る。が、第二の狙撃が――。


おそらく松浪氏の小説を読むのは初めてだと思いますが・・・




事件により妻子を失った狙撃手の警察官が復讐を開始。それを阻止するために後輩の狙撃手:清水が任務に就く。猟犬と呼ばれる刑事:梶原と清水が必死に犯人を追うが、この展開がスピード感があり面白い。狙撃手をメインとした警察小説はあまり無いかと思います。割と厚めの本でしたが、早めに読み終わってしまいました!
スポンサーサイト



パリのカフェ気分?

秋から冬にかけて何となく良いのかな~と思い

買ったCD

【French Cafe Music Paris Musette】
フレンチカフェ・ミュージック


パリのカフ・ェミュージックを『ミュゼット』と言うみたいですね
初めて知りました・・・


アコーディオンを中心にギター、ベース、ドラムそして数曲はボーカルも

特にアコーディオンがパリの香りを醸し出しています

本当にパリのカフェにいるような気分になり、癒されます
(パリには行ったことありませんので、想像ですが・・・)


若かりし頃は、このような音楽は決して聴かなかっただろうな~!

『黙示』

真山 仁の『黙示』

黙示

内容(「BOOK」データベースより)

農薬散布中のラジコンヘリが小学生の集団に墜落する事故が発生。重い中毒症状に苦しむ子どもたちを目の当たりにした世論は、農薬の是非のはざまで揺れることに。その間隙を縫い、農薬を必要としない遺伝子組み換え食品を推進するアメリカの巨大企業と、日本の食品の買い占めを目論む中国。私たちは何を選び、何を捨てるのか。日本の食のあり方を厳しく問う社会派メガ・エンタメ!


将来の食糧問題をテーマにした小説ですが、農薬問題や遺伝子組み換え食品など深く考えさせられる物語。

真山氏の小説はあまりはずれが無いですね!

まだまだ!

一向に寒くなる気配が無い11月も下旬

夏の花のイメージが強いハイビスカスですが

まだまだ開花しています
IMG_0348_convert_20161119160323.jpg

他の鉢植えのも蕾が出ていて
もうしばらくは楽しめそうです

IMG_0349_convert_20161119160414.jpg

12月になったら冬越しの準備をしなくては・・・

『マークスマン』

鈴峯 紅也の『マークスマン:警視庁公安J』

マークスマン


内容(「BOOK」データベースより)
警視庁公安総務課庶務係分室、通称「J分室」。類稀なる身体能力、海外で傭兵として活動したことによる豊富な経験、莫大な財産を持つ小日向純也が率いる公安の特別室である。ある日、警視庁公安部部長・長島に美貌のドイツ駐在武官が自衛隊観閲式への同行を要請する。式のさなか狙撃事件が起き、長島が凶弾に倒れた。犯人の狙いは駐在武官の機転で難を逃れた総理大臣だったのか…。


鈴峯氏の小説は初めてでした

「マークスマン」の前作「警視庁公安J」を先に読んでいれば主人公の事がよく理解できたのかな~?

主人公の設定が現実的ではないものの、ま~割と面白く読めたかなって感じです。

ボージョレヌーボー 2016

ボージョレヌーボー 2016 !!!

IMG_0347_convert_20161117202236.jpg

美味しく頂きました

伊勢えび!

日南市南郷町の『港の駅 めいつ』まで足を延ばし

伊勢えびを食べました

注文したのはリーズナブルな『伊勢えび味噌汁定食』
(伊勢えび御膳は量が多そうで、予算オーバーだったので今回はパス)

IMG_0343_convert_20161117153735.jpg


味噌汁は磯の香りが口いっぱいに広がります

IMG_0344_convert_20161117153831.jpg





食後に久しぶりに『道の駅 南郷』にも行ってみました 
IMG_0345_convert_20161117153938.jpg

JAZZが聴きたくて・・・107

今回は ROBBEN FORDの

【The Inside Story】 (1979年)

邦題は『ギターに愛を』
ギターに愛を


邦題はいかがなものか?と思いますが・・・ 



ロベン・フォードのアルバムを聴くのは初めてです

よくラリー・カールトンの『夜の彷徨』と比較されるということですが

個人的にはカールトンの演奏よりかなり大人しいかな?って感じです

ブルースをルーツとしているからでしょうかね???

『聖域侵犯』

濱 嘉之の『警視庁公安部・青山望   聖域侵犯 』

聖域侵犯


内容(「BOOK」データベースより)
伊勢志摩サミット警備で緊迫する志摩半島の英虞湾で緊急事態発生!真珠養殖が盛んな“宝の海”から引き揚げられた死体は、闇経済を疾駆するブラックジャーナリストだった。汚職事件、テロリストの国際力学、ヤクザの世界―暗部を抉るべく、公安のエース・青山望の才気が炸裂する。リアルすぎる公安警察シリーズ第8弾!



このシリーズ 前作の『頂上決戦』で終わりかな?と思っていましたが・・・


登場人物の多くの会話が法律の解説・解釈になっていて
あれれ???っといった感じで前作までのようにストーリーに
入り込めませんでした

前作までで終わっていたほうが良かったのでは?
と言うのが正直なところです





ひれかつラーメン~黒木食堂

以前から行きたかったラーメン屋さんの黒木食堂

今日初めて行って来ました

ここはチャーシューが絶品と言われていますが

今日はチャーシューメンにしようかと悩みつつ

珍しいひれかつラーメンを選択

IMG_0331_convert_20161109140756.jpg


ラーメン自体はあっさり豚骨系の昔ながらの
宮崎ラーメンと言ったところで、普通のラーメンだけでも美味しいと思います

IMG_0332_convert_20161109140904.jpg


次に行く機会があれば、チャーシューメンを食べてみたいですね



JAZZが聴きたくて・・・106

今回は サックス奏者 KIRK WHALUMの

【FOR YOU】 (1998年)

カークウェイラム


以前取り上げた【アンコンディショナル】が割と良かったので
今回【FOR YOU】を買ってみました

マライア・キャリーやジャネット・ジャクソンのヒット曲をカバーしたアルバム

肩ひじ張らず聴けるBGM的スムースジャズといったところでしょうかね!?

またしても誘惑に・・・

サッポロ一番から発売された『和ラー』シリーズ
最近良くTV CMで見かけますが・・・
IMG_0324_convert_20161104132919.jpg


誘惑に逆らえず、買ってしまいました 

博多 鶏の水炊き風
IMG_0325_convert_20161104133017.jpg


能登 海老汁風
IMG_0326_convert_20161104133105.jpg

津軽 帆立貝焼き味噌風
IMG_0327_convert_20161104133156.jpg


このシリーズの新しい味が出たらまた買ってしまいそうです

食品会社の策略にまんまと引っかかってしまう自分がちょっと悲しいかな? 

初コメダコーヒー

宮崎市に先日ようやくオープンした

コメダコーヒーですが

オープンしてすぐの日曜日に行ったときは
満員で入り口にも行列ができていたので諦め

今日初めて入店しました!!!

平日にもかかわらず、お客さんは多かったですね

今日注文したのはアイスコーヒーとビーフシチュー

IMG_0328_convert_20161104132434.jpg


IMG_0329_convert_20161104132532.jpg


IMG_0330_convert_20161104132625.jpg


美味しく頂きました 

『七つの会議』

池井戸 潤の『七つの会議』
七つの会議

内容(「BOOK」データベースより)
きっかけはパワハラだった!トップセールスマンのエリート課長を社内委員会に訴えたのは、歳上の部下だった。そして役員会が下した不可解な人事。いったい二人の間に何があったのか。今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。傑作クライム・ノベル。


久しぶりに池井戸氏の作品です。


最初は短編小説のように別々の物語のように思えますが、読み進むうちにすべてが絡み合い読み応えのある展開になっています。 この辺りはさすがですね!

鮮やかな紫色

今年も残り2カ月を切ってしまいました

1年が経過するのはあっと云う間です

この時期になると鮮やかな紫色の花を咲かせる

家のシコンノボタン

IMG_0322_convert_20161030142238.jpg


全く手入れしていないのに・・・
毎年綺麗な花を咲かせてくれます

IMG_0323_convert_20161030142338.jpg

癒されます!

| ホーム |


 BLOG TOP