FC2ブログ

プロフィール

Author:宮崎のFP・マンション管理士
ブログへようこそ!

★ブログランキング参加中★
ポチっと一押しお願いします!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ
にほんブログ村


ブログ王
ランキングはこちらをクリック!

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブログランキング参加中!

ポチっと一押しお願いします!! にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

JAZZが聴きたくて・・・175

今回は STANLEY CLARKEの

【TIME EXPOSURE】 (1984年)
スタンリー・クラーク

メディア掲載レビューほか
リン・ドラムやギター・シンセサイザーの音が轟く。多面的な活動を続けるスタンリー・クラークが残した、最上級のブラック・コンテンポラリー・アルバムがこれだ。ジョージ・デューク、ジェフ・ベックら盟友たちに加え、2曲では“シャラマー”のハワード・ヒューイットがリード・ヴォーカルに採用。スタンリーはメロディアスなベース・プレイのほか、ヴォーカルやキーボードでも才能を存分に発揮している。 (C)RS



盟友であるジョージ・デュークばかり買って聴いているとバランスが悪いかな(笑)と思い・・・
スタンリー・クラークのアルバムを始めて買いました

フュージョンというよりも完全にブラック・コンテンポラリーですね!!!
スポンサーサイト



JAZZが聴きたくて・・・174

今回は Al Di Meolaの
【Land of Midnight Sun】 (1976年)
邦題は『白夜の大地』
アル・ディメオラ

メディア掲載レビューほか
本作は、チック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエヴァー(RTF)から飛び出した神技ギタリスト、アル・ディ・メオラのデビュー・アルバム。チック、スタンリー・クラーク、レニー・ホワイトらRTFのメンバーが総出でバックアップし、さらにウェザー・リポート加入前後のジャコ・パストリアスも参加。すべてのレパートリーに壮絶なプレイの応酬が聴かれる1枚。 (C)RS

好きなギタリストの一人であるアル・ディ・メオラのアルバムが
期間限定で、しかも1000円程度で買えるとあり
買わない手はないですね!!!

ジャケットはイマイチかも知れませんが・・・(;´・ω・)

JAZZが聴きたくて・・・173

今回は JEFF BECKの【GUITAR SHOP】 (1989年)

ジェフ・ベック

メディア掲載レビューほか
ポップ路線でファンを驚かせた前作『フラッシュ』(1985年)から待たせること4年。テリー・ボジオ、トニー・ハイマスと、技巧派とのトリオ編成でギター・インストゥルメンタルに没頭してみせた1989年の作品。ベースレスでありながら、長いキャリアを経て語彙豊富になったベックのプレイは音の余白を鮮やかに埋め尽くす。縦横無尽に弾き倒すなか、「ホエア・ワー・ユー」の詩情も味わい深い。新たな黄金時代の幕開けはここから! (C)RS


何故か若い頃はほとんど聴いていなかったジェフ・ベックですが
ここ5~6年前位から良く聴くようになりました

ジェフ・ベックのギター  カッコ良いですねー!

JAZZが聴きたくて・・・172

今回はJACO PASTORIUSの
【JACO PASTORIUS】 (1975年)
(邦題:ジャコ・パストリアスの肖像)
ジャコ・パストリアス

内容紹介
ジャズ~フュージョン・シーンに大旋風を巻き起こした“エレクトリック・ベースの革命児"、ジャコ・パストリアスのファースト・アルバム。超絶技巧の極致を示した「ドナ・リー」や「トレイシーの肖像」、作曲家としての計り知れぬ才能を感じさせる「コンティニューム」等、どのトラックにも天才ジャコの英知が注ぎ込まれている。マーカス・ミラー、リチャード・ボナなど数多くの後進ベーシストにも指針を与えたバイブル的1枚。



天才的ベーシストでしたが1987年、35歳の若さで亡くなったのが残念でなりません。

【SOLID STATE SURVIVOR】~Y・M・O

YELLOW MAGIC ORCHESTRAの【SOLID STATE SURVIVOR】 (1979年)
Y・M・O

久し振りに聴きたくなり、買ってしまいました

懐かしさもありますが

40年前のサウンドとは思えないほどの出来栄えですね


『TECHNOPOLIS』や『RYDEEN』はカッコイイ!!!

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE